Facebookビジネス活用

fb_banner2
弊社ではFacebookを利用したSNSのビジネスモデルをご提案しています。

Facebookをビジネスに活用し集客革命を

Facebookとは世界で7億人以上のユーザーが存在する超巨大SNSです。もうすでに利用しているという方も少なくはないはずです。
ホームページだけではユーザーにきてもらうのを待つというアクションになるのですが、このSNSの場合はこちらからユーザーへアクションを起こす事が可能です。

FB活用(なぜFBなのか?)

ブログ、メルマガは手間の割には効果が薄い。FBならPUSH型で定期的な情報発信が可能!

定期的な情報発信ツールとしては、ブログやメルマガなどがありますが手間のかかるわりには見てもらう割合が少なく営業ツールとしては機能しない場合がある。その点facebookは「いいね!」ボタンを押してもらいファンになると、そのfacebookページに関する情報がファンのニュースフィードに表示され、継続的に情報が届けられるようになる。

見込み客の囲い込みができる

チラシや広告などの販促戦術は、それらは使った時は、見込み客を獲得できるかもしれないが、来店に至らなかった場合、見込み客として確保しておくことは至難の技です。fしかしacebookページならファンとして繋がっているので、ファンを止めないかぎり囲い込みが可能となります。

顧客を可視化できる

ブログを読んでいる、ウェブサイトをみているという場合、どんな人(名前や住んでる場所、好きなものなど)か知らないの普通です。ではどこの誰で、どういう人か?がわかればマーケティングがし易くなるでしょう。それが出来てしまうのがFacebookです。Facebookページならいいね押している人の情報が閲覧出来、趣味や嗜好、学校や仕事、出身地までわかるので、コミュニケーションを図ることを通じて、 サービスの向上などに活かすことができるのです。

 

真のファンから見込み客まで

Facebookによるマーケティングの魅力は信者的なユーザーからまだ商品またサービスについて知ってはおり、また一定の興味を持っているがイマイチ踏み込めていない見込み客までのデータが見える事にある。
fb_img

ファンの顔が可視化できる

企業から顧客へ向けてのメッセージはその昔はメールマガジンでした。
メールマガジンに申し込むという事⾃自体がとても⾯面倒な作業であり、さらにに登録してくれたユーザーの情報はほとんど見えないのです。
しかしFBではそのユーザーを可視化する事が可能となります。どんな趣味があってどんな友達がいて、さらに公開されているプロフィールや発言まで可視化出来るのです。
※ユーザーによっては発言やプロフィールを非公開にしている場合もあります。

fb_img02

ユーザーを囲い込み拡大する手法

Facebookページでユーザーを囲い込む手法の一部をご紹介します。

Like Boxのウェブサイトへの設置

ウェブサイトに興味をもってくれた閲覧者 から“いいね!”を押してもらう事により ウェブサイトの認知度度が⾼まる。
fb_img03

▶FBコメントボックスを設置

コメントの内容がFacebook上で紐紐付けられる。
コメントを通じてウェブサイトや Facebookページの存在を広く知ってもら うことが可能となる。
fb_img04

▶キャンペーン/イベントの実施

新商品のキャンペーンイベントへ参加を促進する招待状を送る。
以外にも顧客を囲い込むためのプレゼントや景品、ファン限定サービス等を実施する。
fb_img05

▶ファンゲートを設置する

Facebookページでいいね!しているユーザーのみ閲覧出来るページを設置。いいね!しなければプレゼント等に応募出来ず、より多くの人にいいね!してもらうことを促進する。

▶Facebookアプリを活用

様々なアプリを導入して新規のファンを獲得し、さらに既存のファンを逃がさないようにする。
ゲーム性の高いものや占いアプリ等種類は様々。

いいね!が沢山あればそれでいいの?

”1週間で1000いいねの実績”等を売にしているコンサル会社も多々ありますが、これは数があればいいというものではなく、実際にファンであるまた興味があるというユーザーをじっくりと着実に増やしていく事がとても大切です。
そのためにはまずは身内や仲間等から少しずつ「いいね!」を増やしていき、定期的にキャンペーンをうってフラッシュ的にユーザーを集めるなど地道な努力が必要です。
先に述べた”1週間で1000いいねの実績”ですが、全ての企業とは言いませんが真相は海外にある「いいね!」を量産する企業にお金を払って大量に「いいね!」を押しまくるというちょっと黒い事をしています。

Facebookページの作成に関してご興味のある方はこちらまでご連絡下さい>>>